日本語 ENGLISH

企業経営者の声

MESSAGE

※社名50音順

西井 孝明 氏
味の素株式会社 代表取締役社長 最高経営責任者
創業110年目を迎えた2019年初春、中神さんに出会った。当社は10年後になくなってしまうかもしれないという危機感を持ち、私が経営戦略を転換しようともがいていた時だった。目からウロコが落ちた。「戦略の転換ではない、見えない資産の人財の力を引き出し真のお客様価値を創るために企業文化を変えるのだ」と腹をくくった。繰り返していた短期利益を積み上げるだけの3か年計画をやめた。ROICとオーガニック成長を軸に味の素グループの変革は始まり、今が正念場だ。「働く株主®︎」の求めは厳しいが変わらぬ信念が拠り所だ。できるだけ早く「味の素株を買いたい」と言わせてみたい。
谷村 格 氏
エムスリー株式会社 代表取締役
個人的に、会社を経営する上で最も参考になり刺激を受けるのは、他社の優秀で革新的な取り組みをしている経営者の話を聞く事だ。だが、なかなかそういう経営者に巡り合うのは容易では無い。中神さんは年間恐らく何百人という経営者と会い、その中から中神さんの感性と眼力で「会うべき」会社、経営者をベストなタイミングで紹介して下さる。中神さんを中心に素晴らしい経営者、会社の非公式なネットワークが構築されてきているからこそできる業だろう(それだけ中神さんの信頼が厚い証拠だ)。この「みさきネットワーク」の力で、企業が相互にラーニングし合いながら、より競争力のある企業がどんどん生まれる事を楽しみにしている。
山田 義仁 氏
オムロン株式会社 代表取締役社長CEO
「私たちが目指すもの、それは“働く株主®︎”です」なんと素晴らしい自己宣言でしょう!企業経営や株式市場が、短期主義に支配されているなか、長期投資のエンゲージメントファンドであることを宣言し、投資先企業の価値向上を実現されているのが、中神さん率いるみさき投資さんです。みさき投資の社名には、「岬の高台にある灯台のように、経営の行く先を照らす存在になりたい」との想いがあると聞きました。 その実践はまさに、各企業の’’深層の競争力’’に着目し、それを深く理解し、更なる価値創造力の向上を対話によって導き出すものです。 私たちオムロンも、みさき投資さんとの対話の中で、数えきれないほど多くの示唆を得ました。時代はエンゲージメントファンドを求めています。 更なる飛躍を期待しています。
田島 哲康 氏
株式会社サカイ引越センター 代表取締役社長
みさき投資さんとのお付き合いは、もう5年以上になると思います。それまでにも他の投資会社様とのお付き合いもございましたが、事業の細部に亘り細やかなアドバイスを頂いたのは、みさき投資さんだけと記憶しております。特に中神様、新田様、中尾様には、詳細な事業分析を基に、投資家の目線で、稼ぐ力に焦点を置いた長期的な企業の在り方や弊社の企業潜在能力を引き出すことへの適切なアドバイスを頂きました。大変感謝致しております。更に、定期的なディスカッションの中で、投資する側の株主の目線や考え方を知り、これからの当社の在り方や戦略立案に大いに参考にさせて頂いています。今後とも良きパートナーとして、適切なアドバイスを頂けることを期待しております。
吉永 泰之 氏
株式会社SUBARU 取締役会長
中神さんとは最初に数年前のある会合でお会いした。長期投資の「働く株主®︎を目指す」との考えが興味深かったし、「独特の強みに根差した障壁を築いているか?」という問いかけは、当時当社の社長であった自分自身の取り組みでもあった。過去、海外IRを始め沢山の投資家と会ってきた。一概に投資家と言っても、その立ち位置は様々だが、企業経営者として優れた投資家と会うことは、実は非常に大切なことで、企業の実態を踏まえて、自社の課題や弱点を鋭く、一方で愛情を込めて指摘していただけたら最高だ。そんな姿勢が「働く株主®︎」という言葉には込められているのではと勝手に思っている。これからもご活躍を期待しています。
佐藤 英志 氏
太陽ホールディングス株式会社 代表取締役社長
20年ほど前、当時私がCFOについていた会社で、大きな事業構造改革を行うため採用したコンサルタントとして、中神さん・新田さんに出会いました。お二人の切れのあるご提案で、構造改革は大成功します。その後、お二人は「働く株主®︎」、私は現在の会社の社長として再会しました。数年前、わが社は医薬品事業への参入を決定したのですが、思うように事業は進みません。そこで、「みさきさんに働いてもらおう。」と、ご相談しました。快く、かつ、ひとかたならぬご尽力をいただき、今では医薬品事業は、わが社の主力事業の一つとして確立するに至りました。みさき投資さんには、これからも、経営者の悩みに寄り添い、成長を支える存在として、素晴らしいお仕事をされることを期待しています。
関家 一馬 氏
株式会社ディスコ 代表取締役社長
みさき投資の中神さんと初めてお会いしたのは、弊社が定期的に開催している機関投資家向けスモールミーティングでした。そのときはなんとダンディーな投資家さんもいるもんだという印象でした。しかし、その後、どんどん距離を詰められて、今では定期的に会食をする間柄となっています。というのも、私はいわゆる弊社の株を持ってくださいというスタンスでは投資家と接しないというスタイルをとっています。ロードショーにも行きません。説明すべきは説明しますが、持つ持たないは投資家サイドで判断すべきで、こちらからお願いするべきことではないと考えるからです。また、持ってくださいとお願いすれば、では配当を増やせとか、ROAを改善しろとか要望されることになり、弊社の基本戦略である「とにかく強い会社にしていく」とは違う方向にもエネルギーを使わなくてはならなくなる恐れも出てきます。 そういうわけで、投資家との距離感を一定に保つということを大事にしてきたのですが、中神さんの人柄でやすやすと距離を詰められてしまいました。もちろん人柄だけが理由ではありません。それ以上の理由は、みさき投資さんの事業会社と一緒に汗をかき、本当にいい会社にしていくんだというポリシーが弊社の方向と完全一致しているから、距離が近くなることを警戒しなくてすんだのです。みさきさんは、各種指標に関していろいろ質問されてきますが、こういう考えで弊社はこの水準で良いと考えています、とロジカルに答えられれば納得していただけます。そんなことで、今後も中神さんとのお付き合いは続いていくのだろうな、と思っています。
常石 哲男 氏
東京エレクトロン株式会社 取締役会長
私ももう長年に渡り金融資本市場の方々とお付き合いをさせて頂いていますが、みさき投資様の投資スタイルとその哲学や信念には、生意気でありますが敬服するところが多く、また企業価値とその成長への診断方法はユニークで、実質的なところでも大変勉強になり、芯を食ったその理念は敬意を表するものであります。みさき投資様が提唱される「みさきの公理®︎」でいうb、p、mは、まさに企業を診断するに重要な視点であり肝の判断ポイントと思うところであります。ROE>ROIC>ROA>WACCというROIC重視の「みさきの黄金比®︎」をベースにされ、企業トップの面談による経営者の実力の検証など、厳格にも有効で、的を射た投資判断基準をお持ちです。しかも長期視点での投資活動をされていることや投資先企業と深くエンゲージされ、適切に支援・助言もされ、上場企業との健全なご関係を追求されているところも素晴らしいです。今後もますますのご活躍とご発展をお祈りしております。
山下 茂 氏
ピジョン株式会社 代表取締役会長兼取締役会議長
中神さん、新田さん、上村さんに、当社は、十数年ご指導頂いています。お陰様で、その間、300億円程度だった当社の時価総額は、5,000億円を超えるところまで高まりました。一般的な投資会社と違うのは、潜在的に成長の可能性が高い会社を絞り込み、その会社と共に「働く株主®︎」として、短期ではなく、中長期で企業価値を高めることに徹して頂けるところだと思います。そのため、会社にとっても、投資会社であるみさき投資にとっても、より大きなリターンが得られるのではないかと感じます。 今では、日本の多くの会社が意識するようになった資本市場との対話や資本生産性の向上についても、当社は、十数年前から、中神さんとのディスカッションから当社独自のPVAに発展し、結果として、資本市場での高い評価につなげることもできました。事業が儲かる仕組みや他社に簡単に真似されない壁のつくり方という点でもコンサルタント出身者の多いみさき投資の方々との話は、いつも楽しく、刺激を受けます。その意味で、当社の製品市場や労働市場での競争力も以前より高まってきたと思います。当社の最初の社外取締役に、当時としてはめずらしかった投資家の新田さんにお願いしたのも大正解でした。今後も、「みさきの公理®︎」を大切な会社経営の軸として、更に当社が「進化」するための「実験」を続けて行きたいと思います。
青井 浩 氏
株式会社丸井グループ 代表取締役社長兼代表執行役員
みさき投資様は、当社が株主・投資家様に期待する要素をほぼ完璧に備えた理想的なパートナーです。 長期的な視点や企業価値重視はもとより、「働く株主®︎」として企業と一緒に価値をつくっていこうという姿勢が、当社の掲げる「ステークホルダーとの価値の共創」という理念と一致するところに共感します。 理想の恋人(?)のようなみさき投資様と長期的にお付き合いしていきながらより一層企業価値を高め、日本を代表するエンゲージメント投資の「みさき」として世界に羽ばたかれるよう応援したいと思います。
内藤 弘康 氏
リンナイ株式会社 代表取締役社長
私は2005年に社長に就任して以来、会社経営の効率を上げること、量よりも質を重視する経営にこだわり進めてまいりました。数年前にみさき投資さんと出会い、この私の経営ポリシーに共感いただき、比較的近い価値観を共有しながら長期的な目線でお付き合いをいただいております。定期的なミーティングを通じて投資家の立場から示唆に富むご意見やアドバイスを頂戴し、日頃から感謝に堪えません。中神さんとお話しするたびに、まさに『働く株主®︎』『寄り添う株主』という言葉がぴったりくる方だと感じております。今後も更なるご活躍をお祈りいたします。